MENU

よくあるご質問

歯に関する質問

親知らずは抜いた方がいいの?

歯磨きがしにくく, 周辺の歯に害がある場合や痛みがよく出る場合は抜くことをお勧めします。最近は他の歯のスペアとして移植に利用できる場合もありますので, 虫歯になっていない状態のいい物は, あえて残しておくこともあります。

ホワイトニングは歯を削っているの?

歯は削りません。特殊な薬を歯の表面に作用させることにより白くなります。歯が弱くなったり, 虫歯になりやすいといったことはありません。ただ1度で終わりというわけにはいかず, 色素の再付着がありますので後戻りはあります。

タバコを吸っていて歯の色が変色してしまいました。治りますか?

ヤニとりはできますが, すぐまた付着します。禁煙しましょう!禁煙に関しては, 簡単ではありますが禁煙方法の指導をさせて頂いています。 喫煙自体が口臭に関連することがあります。タール自体は水にとけるため喫煙後しっかりとうがいをするだけでも喫煙臭が除去できます。

タバコは歯に悪いですか?

歯にヤニが付着する, 口臭の原因となることなど有りますが, 最大の問題は歯周病です。喫煙している限り歯周病の治療効果はあがらないことが多いです。歯ぐきの色がピンク色ではなく紫色っぽくなってきたら要注意です。

電動歯ブラシは効果あるの?

正しい使用法で行える方には抜群の効果があります。向いている方とそうでない方がいるため, 1度ご相談いただいてからご購入される方がいいかもしれません。ブラシ部分が固い物が多いため歯周病の方には当院ではお勧めしていません。

甘いものを食べ過ぎると虫歯になりやすいですか?

間違いなくなりやすいです。特に食べている時間が大事で, 頻繁に食べたり, ダラダラ食べることが良くありません。虫歯予防に大切なことは, 正しいブラッシング。規則正しい食生活。歯を丈夫にすることです。

虫歯などになった場合、体のどこかに影響は出ますか?

最近の研究でわかってきたことですが, 歯周病は糖尿病や心筋梗塞など深い関わりがあります。お母さんには低体重児出産や早産にも影響します。お口の状態を良くして糖尿病が良くなることも多いようです。

歯ぎしりが多いと歯並びが悪くなりますか?

歯ぎしりはすごい力ですから、歯並びに影響することもあります。その他歯周病や頭痛、肩こりなども関係するようです。ひどい方にはマウスピースを装着していただく場合があります。

口臭の原因はやっぱり虫歯などでしょうか?

虫歯か歯周病が原因の場合が多いです。正しいブラッシングも大事です。マウスウォッシュやガムといった物は補助的な物ですから一時的で解決はしないでしょう。但し, 口臭に関しては, お口の中だけが問題であるとは限りません。当院では口臭専門外来を開設しておりますのお気軽にご相談ください。

低タール・低ニコチンが体に良いはウソ?

近年, 低タール, 低ニコチンを売りにしたタバコの広告がよくあります。また, ライト, マイルド, スーパーライト, ウルトラライトなどの銘柄が増えています。いかにも安全で, 健康を害しないクリーンなイメージです。しかし, 安全でクリーンなイメージは幻想にしか過ぎません。体にあたえる害は他のタバコと変わりません。  タールやニコチンは有害物質でありますので, その含有量は低いにこしたことはありません。この点では確かに比較的クリーンかもしれません。ところが, タバコの有害物質は200種類以上もあり, 残りの有害物質は依然として十分に残っています。逆にカドミウムなどは, 低タール, 低ニコチンのタバコのほうに多く入っています。 一酸化炭素の量は, 低タール, 低ニコチンのタバコでも変わりません。一酸化炭素は体内でヘモグロビンと結びつき, 脳卒中や心筋梗塞, 狭心症を招きやすくします。 また, 軽いタバコは刺激が少ないため, 肺まで深く吸い込んでしまったり, 本数が増えてしまうという傾向にあります。こうした吸い方はニコチン依存症を招きやすくします。喫煙を続ける限り, 健康に対するリスクはどのタバコでも変わりありません。

タバコは呼吸器疾患の原因?

喫煙者の肺は明らかに表面が真黒になっていて, その組織図を顕微鏡見てみると, 肺胞にタールが黒く溜まっているのがわかります。健康な肺にこのような異物があれば, 呼吸の障害が出るのは当たり前であり, 肺がんの原因になるのは当然です。 また, たばこに含まれるシアン化水素やホルムアルデヒド, アンモニアなどの有毒ガスは, 気管や気管支の粘膜を傷つけるので, 痰が増えてせきがでやすくなります。それが続くと慢性粘膜分泌過多になり, いつもせきや痰が絡むようになります。 たばこを吸っていると, 肺の奥の細い気管支の壁が腫れ上がって, 空気が通りにくくなり, 呼吸しにくくなることがあります。この場合, 慢性気管支閉塞の疑いがあります。 さらに喫煙を続けると, 肺の細い気管支や肺胞が侵されると呼吸障害はもっとひどくなり, 息をするのも苦しくなります。これが肺気腫です。肺胞の破壊は徐々に進み, 気づいたときには手遅れということが多いのです。肺気腫が進行すると24時間の在宅酸素療法が必要になります。肺気腫の場合, 一度破壊された細胞は元には戻りません。