MENU

お悩み相談室

歯肉チェック

歯肉炎とは

歯肉炎は, 歯周病の中でも炎症が歯肉に限られている状態をいいます。 ブラッシング時に, 歯肉が赤くなる, 歯肉から出血するなどの症状が見られますが, 原因となっているプラークや歯石を取り除くことで, もとの健康な状態にもどすことができます。

みなさんの歯肉は健康ですか? 歯肉の健康状態は, 目で見て確認することができます。 歯肉炎になっていないか, 手鏡をつかって自分の歯肉を観察してみましょう。

健康な歯はこんな感じ

これはなんと76歳の患者さんの歯です。 全て自前の歯ですが, この方は毎回定期検診に通ってこられる患者さんです。 観察をはじめる前に, 健康な歯肉を見てみましょう。

観察1 歯肉の色を見てみましょう。

歯肉が赤くなっているところはありませんか? 下の写真の赤くなっている部分は歯肉炎です。

観察2 歯肉のかたちを見てみましょう。

歯と歯の間の歯肉は, 腫れてふくらんだようになっていませんか?これも歯肉炎の症状です。

健康な歯肉を保つには

観察1・2であてはまるところがあったら, それは歯肉炎の注意信号がでているところです。 そのほかにも歯肉炎の症状には, 歯をみがくときに血がでるなどがあります。 しかし, 歯肉炎はていねいに歯みがきをしてプラーク(歯垢)をとりのぞくことで, もとの健康な歯肉にもどすことができます。